足関節に伴う靱帯損傷のまとめ


image71

内返し捻挫

無料相談会では、内返しと、外返し捻挫を混同している被害者が、たくさんおられます。

内返しとは、土踏まずが上を向き、足の裏が、内側に向く捻挫と覚えてください。

 

試してみると、すぐに分かりますが、足裏は、外には向きにくい構造となっており、大多数は内返しに捻るので、外側靭帯を損傷することが多いのです。

もちろん、急激、偶然かつ外来の交通事故では、外返し捻挫も、発生しています。

image55

足首は、下腿骨の脛骨と腓骨で形成されるソケットに、距骨がはまり込む構造となっています。

 

最初に説明する足首の靱帯は、外側靱帯(がいそくじんたい)です。

前距腓靱帯(ぜんきょひじんたい)、踵腓靱帯(しょうひじんたい)、後距腓靱帯(こうきょひじんたい)の3つをまとめて外側靱帯と呼んでおり、外くるぶしの下側に付着しています。

前距腓靭帯は、距骨が前に滑ることを、踵腓靭帯は、距骨が内側に傾斜することを防止しています。

足首の捻挫で、損傷頻度が高いのは、前距腓靱帯です。

その次は、踵腓靱帯ですが、後距腓靱帯損傷は、滅多に発生しません。

 

足首を支える靭帯は外側に、今説明した3本、内側には扇状の大きな靭帯が1本あります。

内側の靭帯は、三角靭帯と呼びますが、幅も広く、足の動きの特徴上、不安定性が問題とされることもなく、オペが必要とされることは、ほとんどありません。

他に、脛骨と腓骨をつなぐ脛腓靭帯があります。

 

1)前距腓靱帯断裂

 

内返し捻挫では、腓骨と距骨をつなぐ前距腓靭帯が過度に引っ張られて最初に損傷します。

捻りの程度が強いときは、足首外側の踵腓靭帯も損傷することになります。

 

足の捻りによっては、足首の内側靭帯や甲部分の靭帯を損傷することがあります。

内返し捻挫であっても、靭帯損傷にとどまらず、骨折することがあり、子供では、断裂ではなく、剥離骨折=靭帯の付着する骨表面が剥がれることが多く、たかが捻挫と侮ることはできません。

 

診断では、損傷部位を押し込むことにより、痛み、圧痛の再現を確認します。

骨折のあるなしは、XP撮影でチェック、靭帯の断裂による関節の動揺性、不安定性は、ストレスXP撮影を行います。靭帯の損傷、骨内部や軟骨損傷を確認する必要から、MRI検査を行います。

 

※ストレスXP検査 足首を捻る、引っ張るなど、ストレスをかけた状態でXP撮影を行うものです。

91-120-03

引き延ばされた? 部分断裂した? 完全断裂した? 損傷レベルは3段階で捉えられます。

問題とされるのは、グレードⅢ、靭帯の完全断裂に対する治療となります。

完全断裂では、外くるぶしが腫れ、血腫が溜まり、痛みにより歩くことはできません。

 

しかしながら、外側靭帯損傷では、早期に適切な治療を行えば手術が必要になることは稀です。

つまり治療の基本は保存療法になります。

保存療法では、固定療法と早期運動療法の2つがあります。

固定療法は数週間のギプス固定を主体とした、従来からの治療方法です。

 

主流となっている早期運動療法では、まず、1~2週間について、足関節をギプス固定とします。

初期固定を完了すると、ギプスをカットし、リハビリ歩行を開始します。

足首外側に負担のかかる、捻り動作を防御する必要から、サポーターを装着、保護します。

この状態で、3カ月前後のリハビリを継続すれば、後遺障害を残すことなく治癒するのです。

 

また、足首周辺の筋力とともに、固有知覚も充分に回復させることが再発予防のためには重要です。

長期間のギプス固定は、固有知覚を弱めることが報告されており、それもあって、早期運動療法が推進されているのです。

 

※固有知覚 関節の位置を認識する感覚、今、関節がどの位曲がっているか? どっちの方向に力がかかっているか? これらを判断するための感覚です。

 

2)脛腓靱帯損傷

91-120-20

前距腓靭帯よりも、上側に位置し、前方を前脛腓靱帯(ぜんけいひじんたい)、後方は、後脛腓靱帯(こうけいひじんたい)と呼び、脛骨と腓骨の下部を締結しています。

脛骨と腓骨は距骨を内外側から挟み込むソケットであり、脛腓靱帯により、脛腓間をしっかり連結しています。脛腓靱帯損傷で、脛腓間の連結が緩むと、距骨の円滑な運動が損なわれて、距骨軟骨面である滑車が、脛骨や腓骨の関節面と衝突、関節軟骨の骨折や変形を生ずる原因となるのです。

 

転落で着地するときに、足首を捻ると、その衝撃で距骨が脛骨と腓骨の間に潜り込み、脛骨と腓骨間が拡がり、この2つの骨を締結している前脛腓靭帯が損傷するのです。

 

症状は、足首前方の痛みと腫れですが、引き延ばされた、あるいは部分断裂では、大きな腫れや、強い痛みはありません。

しかし、前脛腓靭帯と前距腓靱帯の2つが断裂したときは、痛みが強く、歩けなくなります。

 

前脛腓靱帯は、他の靭帯よりやや上にあり、触診でこの部分に圧痛があれば、この靭帯の損傷が疑われ、治療は、引き延ばされたものや部分断裂であれば、包帯やテーピングなどでしっかりと固定し、靭帯がくっつくのを待つことになります。

重症のⅢ度では、腫脹をとるためにスポンジ圧迫のテーピングを5日前後行い、以後は、原則としてギプス包帯固定が行われています。

固定をしっかり行わないと靭帯が緩んだまま癒着し、関節が不安定になります。

このグレードであれば、4週間前後で痛みはなくなり、6週目からは運動を再開することができます。

 

しかし、前距腓靱帯だけではなく、前脛腓靱帯も断裂しているときは、難治性であり、オペが選択されることが一般的です。

足首の底・背屈運動では、脛腓靭帯結合部は、1.5mm離開し、前脛腓靱帯にストレスがかかります。

ギプス包帯で固定しても、くっつくのに相当の時間がかかり、早期運動療法には馴染まないのです。

そこで、靱帯再建術が選択され、時間をかけて注意深くリハビリが行われています。

 

足関節の靱帯損傷における後遺障害について

1)歩行中や自転車、バイクの運転中の交通事故で、右足首を捻挫しました。

治療先では、どんな姿勢で捻挫したのか? 聴き取りがなされ、その後、痛みのある部位を触診して、どの靱帯が、どの程度損傷しているのか?腫れも参考にしながら、丁寧にチェックされます。

最後に、XP撮影で、骨折の有無が検証され、骨折がなければ、なんとなく、ホッとします。

でも、これで診察が終わるのではありません。

次に、靱帯損傷のレベルをエコー検査で確認することになります。

グレードⅡ、Ⅲであれば、ギプス固定+早期運動療法が診断され、治療方針の説明がなされます。

ギプス包帯で固定し、松葉杖の貸し出しで初診は終了します。

 

グレードⅢで、腫れが強いときは、入院となり、MRI検査が指示されます。

患部に対しては、RICEの処置がなされます。

image74

MRI検査の結果で、ギプス固定+早期運動療法、あるいは靱帯再建術が選択されるのです。

 

これが、あるべき整形外科の診察室風景ですが、現実は、もっと、サバサバしたものです。

丁寧な、聴き取り、触診、エコー検査は行われません。

念のため、XP撮影のみが指示され、骨折が認められないときは、

 

「足首の捻挫ですから、しばらく様子を見ましょう?」

「湿布を出しておきますので、当面は、安静にしてください?」

「今日、歩いて帰れますか? 歩けないなら、松葉杖を貸し出しましょうか?」

 

経験則では、これが一般的な診察のパターンなのです。

そして、ここから、後遺障害が、うごめき出すのです。

 

2)足首の捻挫では、重度になると靭帯の断裂を伴います。

この治療が放置され、靭帯の機能が不十分になると、関節の安定性が損なわれます。

これを関節不安定症と言います。

 

靭帯はすでに緩んでいるか、断裂しており、この段階から保存的治療でギプス固定としても、あるいはオペで、靱帯を縫合、修復術を行っても、機能しないことがほとんどです。

 

そこで、足首の腱などを編み込み、移植して靭帯を作り直す術式、靱帯再建術が選択されています。

このオペでは、80%以上で、足首の安定性が確保できると報告されていますが、それであっても20%では、好結果が得られておらず、さらに、再建術では、3カ月以上の入院も必要となります。

外傷では、総じて同じですが、特に足首の捻挫では、初期治療が重要とされています。

 

3)さて、後遺障害の立証です。

靱帯再建術で改善が期待されるとしても、必ず成功するとは限らないのです。

そして、受傷から6カ月以上を経過しての再建術となれば、保険会社は、治療費の負担に否定的であり、さらに、ここから4カ月以上の休業となれば、勤務先からの解雇も予想されます。

これだけの要件が揃えば、オペは後回しとして、症状固定で後遺障害を優先させることになります。

 

靱帯損傷は、MRIで、それによる不安定性は、ストレスXP撮影で立証します。

足首の機能障害は、背屈、底屈の可動域制限が対象ですが、靱帯断裂では、等級の認定要件に達する運動制限を残すことは少ないのです。

となると、痛みの神経症状で12級13号を目指すことになりますが、それでも、ストレスXP撮影で不安定性を立証し、足関節の動揺性=機能障害としての認定、12級7号の認定を諦めてはなりません。

なぜ? 神経症状であれば、労働能力喪失期間は裁判でも、15年前後の可能性があります。

ところが機能障害であれば、67歳のフル期間を請求することができるからです。

 

4)等級認定で損害賠償を実現してから、オペを検討することになります。

長期の有給休暇が許されるときは、夏休み等を利用して入院、オペを受けることになります。

オペを受けないときは、リハビリで関節周囲を強化、テーピング、サポーターの装用で対処しています。

>>交通事故のお悩みについて

001.部位別の交通事故後遺障害

1.顔(眼・口・耳・鼻)の外傷と後遺障害
眼の仕組みと後遺障害について
眼瞼=まぶたの外傷
外傷性眼瞼下垂 (がいしょうせいがんけんかすい)
動眼神経麻痺 (どうがんしんけいまひ)
ホルネル症候群
外転神経麻痺 (がいてんしんけいまひ)
滑車神経麻痺 (かっしゃしんけいまひ)
球結膜下出血
角膜上皮剥離 (かくまくじょうひはくり)
角膜穿孔外傷 (かくまくせんこうがいしょう)
前房出血 (ぜんぼうしゅっけつ)
外傷性散瞳 (がいしょうせいさんどう)
涙小管断裂 (るいしょうかんだんれつ)
外傷性虹彩炎
虹彩離断 (こうさいりだん)
水晶体亜脱臼 (すいしょうたいあだっきゅう)
水晶体脱臼、無水晶体眼
外傷性白内障 (がいしょうせいはくないしょう)
眼窩底破裂骨折 (がんかていはれつこっせつ)
視神経管骨折 (ししんけいかんこっせつ)
硝子体出血 (しょうしたいしゅっけつ)
外傷性網膜剥離 (がいしょうせいもうまくはくり)
網膜振盪症(もうまくしんとうしょう)
外傷性黄斑円孔(がいしょうせいおうはんえんこう)
眼底出血 網膜出血・脈絡膜出血
眼球破裂 (がんきゅうはれつ)
続発性緑内障 (ぞくはつせいりょくないしょう)
耳の構造
耳介裂創 (じかいれっそう)
耳垂裂 (じすいれつ)
耳鳴り
外傷性鼓膜穿孔 (こまくせんこう)
流行性耳下腺炎 (りゅうこうせいじかせんえん)
側頭骨骨折 (そくとうこつこっせつ)
頭蓋底骨折 (ずがいていこっせつ)
騒音性難聴 (そうおんせいなんちょう)
音響性外傷 (おんきょうせいげいしょう)
鼻の構造、仕組み
鼻骨々折 (びこつこっせつ)
鼻篩骨骨折 (びしこつこっせつ)
鼻軟骨損傷 (びなんこつそんしょう)
鼻の欠損
嗅覚の脱失
口の構造と仕組み
頬骨々折 (きょうこつこっせつ) 頬骨体部...
頬骨弓骨折 (きょうこつきゅうこっせつ)
眼窩底骨折 (がんかていこっせつ)
上顎骨骨折 (じょうがくこつこっせつ)
下顎骨骨折 (かがくこつこっせつ)
味覚障害
嚥下障害
言語の機能障害 反回神経麻痺
特殊例 気管カニューレ抜去困難症
醜状障害
ステム周囲骨折
4.手・腕の外傷と後遺障害
上腕骨近位端骨折(じょうわんこつきんいたん...
上腕骨骨幹部骨折(じょうわんこつこつかんぶ...
手の構造
手根骨の骨折 有鈎骨骨折(ゆうこうこつこっせつ)
手根骨の骨折 有頭骨々折(ゆうとうこつこっせつ)
手根骨の骨折 舟状骨々折(しゅうじょうこつ...
手根骨の骨折 月状骨脱臼(げつじょうこつだ...
手根骨の骨折 舟状・月状骨間解離
手根骨の骨折 三角・月状骨間解離
手根骨の骨折 手根不安定症(しゅこんふあん...
手根骨骨折の総括
手根骨の骨折 TFCC損傷
手指の各関節の側副靭帯損傷 親指MP関節尺...
手指伸筋腱損傷
手指の伸筋腱脱臼
手指屈筋腱損傷
手指の脱臼と骨折 中手骨頚部骨折
手指の脱臼と骨折 中手骨基底部骨折
手指の脱臼と骨折 中手骨々幹部骨折
手指の脱臼と骨折 ボクサー骨折
手指の脱臼と骨折 PIP関節脱臼骨折
手指の脱臼と骨折 マレット フィンガー=槌指
手指の脱臼と骨折 親指CM関節脱臼
クロスフィンガー
手指の靱帯・腱損傷および骨折における後遺障...
手指の靱帯・腱損傷および骨折における後遺障...
手指の欠損について
骨折の分類
右肘内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじん...
右手首の腱鞘炎と前腕部の炎症
上腕骨骨幹部骨折(じょうわんこつこつかんぶ...
橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)
後骨間神経麻痺(こうこつかんしんけいまひ)
上腕骨遠位端骨折 (じょうわんこつえんいた...
フォルクマン拘縮
テニス肘
尺骨神経麻痺(しゃくこつしんけいまひ)
肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)
ギヨン菅症候群
肘関節と手関節、橈骨と尺骨の仕組み
橈骨頭・頚部骨折(とうこっとう・けいぶこっせつ)
肘関節脱臼(ちゅうかんせつだっきゅう)
肘頭骨折(ちゅうとうこっせつ)
尺骨鉤状突起骨折(しゃくこつこうじょうとっ...
橈・尺骨々幹部骨折(とう・しゃくこつこつか...
モンテジア骨折
ガレアッチ骨折
橈骨遠位端骨折、コーレス骨折とスミス骨折
バートン骨折
キーンベック病=月状骨軟化症
変形性肘関節症(へんけいせいちゅうかんせつ...
変形性肩関節症(へんけいせいかたかんせつしょう)
ズディック骨萎縮  Sudeck骨萎縮
ショーファー骨折=橈骨茎状突起骨折
尺骨茎状突起骨折(しゃっこつけいじょうとっ...
正中神経麻痺(せいちゅうしんけいまひ)
前骨間神経麻痺 (ぜんこつかんしんけいまひ)
手根管症候群 (しゅこんかんしょうこうぐん)
上腕神経叢麻痺 (じょうわんしんけいそうまひ)
5.胸腹部の外傷と後遺障害
肋骨骨折
肋骨多発骨折の重症例 外傷性血胸
肋骨多発骨折の重症例 フレイルチェスト、F...
胸郭出口症候群 (きょうかくでぐちしょうこ...
胸腹部臓器の外傷と後遺障害について
肺挫傷 (はいざしょう)
皮下気腫、縦隔気腫 (ひかきしゅ、じゅうか...
気管・気管支断裂 (きかん・きかんしだんれつ)
横隔膜の仕組み
外傷性横隔膜破裂・ヘルニア
心臓の仕組み
心膜損傷、心膜炎 (しんまくそんしょう、し...
冠動脈の裂傷
心挫傷、心筋挫傷 (しんざしょう、しんきん...
心臓・弁の仕組み
心臓、弁の損傷
大動脈について
外傷性大動脈解離 (だいどうみゃくかいり)
心肺停止 (しんぱいていし)
過換気症候群 (かかんきしょうこうぐん)
肺血栓塞栓、肺脂肪塞栓 (はいけっせんそく...
外傷性胸部圧迫症
腹部臓器の外傷
実質臓器 肝損傷 (かんそんしょう)
実質臓器 胆嚢損傷 (たんのうそんしょう)
管腔臓器 肝外胆管損傷 (かんがいたんかん...
実質臓器 膵臓損傷 (すいぞうそんしょう)
実質臓器 膵臓の損傷
実質臓器 脾臓
管腔臓器 胃
外傷性胃の破裂 (いのはれつ)
管腔臓器 小腸
管腔臓器 小腸穿孔 (しょうちょうせんこう)
管腔臓器 大腸
大腸穿孔、大腸破裂
腹壁瘢痕ヘルニア
腹膜・腸間膜の障害
実質臓器 腎臓
腎挫傷、腎裂傷、腎破裂、腎茎断裂
尿管、膀胱、尿道
尿管外傷 (にょうかんがいしょう)
膀胱の外傷
尿道の外傷
外傷性尿道狭窄症
神経因性膀胱
尿崩症 (にょうほうしょう)
脊髄損傷
実質臓器 副腎の損傷
急性副腎皮質不全 (きゅうせいふくじんひし...
男性の生殖器
女性の生殖器
横隔膜ペーシング
7.足の外傷と後遺障害
足の構造と仕組み
足趾の骨折 基節骨の骨折
足趾の骨折 中足骨骨折
足趾の骨折 第5中足骨基底部骨折=下駄骨折
足趾の骨折 ジョーンズ骨折、Jones骨折...
足趾の骨折 種子骨の骨折
足根骨の骨折 外傷性内反足(がいしょうせい...
右腓骨遠位端線損傷
右足関節果部骨折
足根骨の骨折 距骨(きょこつ)骨折
足根骨の骨折 右踵骨不顕性(みぎしょうこつ...
足根骨の骨折 距骨々軟骨(きょこつこつなん...
足根骨の骨折 足根管症候群(そっこんかんし...
座骨・腓骨・骨神経麻痺って、なに?
坐骨神経麻痺(ざこつしんけいまひ)
脛骨神経麻痺(けいこつしんけいまひ)
腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)
深腓骨(しんひこつ)神経麻痺=前足根管(せ...
浅腓骨(せんひこつ)神経麻痺
足根骨の骨折 足底腱膜断裂(そくていけんま...
足根骨の骨折 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)
モートン病 (MORTON病)
足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん)
アキレス腱断裂
アキレス腱滑液包炎
足関節不安定症
変形性足関節症
SLAP損傷=上方肩関節唇損傷
突き指について
腓腹筋断裂 肉離れ
足関節に伴う靱帯損傷のまとめ
足関節離断性骨軟骨炎(あしかんせつりだんせ...
脛・腓骨々骨幹部開放性骨折(けい・ひこつこ...
下腿のコンパートメント症候群
膝関節の仕組み
膝関節内骨折 骨顆部骨折(けいこつかぶこっせつ)
脛骨と腓骨の働き
脛骨顆間隆起骨折(けいこつかかんりゅうきこ...
腓骨骨折
膝窩動脈損傷(しつかどうみゃくそんしょう)
膝蓋骨々折(しつがいこつこっせつ)
膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)
膝蓋骨々軟骨々折とスリーブ骨折
半月板損傷(はんげつばんそんしょう)
ACL前十字靱帯損傷(ぜんじゅうじじんたい...
PCL 後十字靱帯損傷(こうじゅうじじんた...
MCL内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじ...
LCL外側々副靭帯損傷(がいそくそくふくじ...
PLS膝関節後外側支持機構(ひざかんせつこ...
複合靭帯損傷(ふくごうじんたいそんしょう)
変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)
足根骨の骨折 踵骨(しょうこつ)骨折
膝離断性骨軟骨炎(しつりだんせいこつなんこ...
膝蓋前滑液包炎(しつがいぜんかつえきほうえん)
大腿骨顆部骨折(だいたいこつかぶこっせつ)
大腿骨々幹部骨折(だいたいこつこつかんぶこ...
右腓骨筋腱周囲炎(みぎひこつきんけんしゅう...
大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)
大腿骨転子部・転子下骨折(だいたいこつてん...
股関節の仕組み
股関節後方脱臼・骨折(こかんせつこうほうだ...
股関節中心性脱臼(こかんせつちゅうしんせい...
外傷性骨化性筋炎(がいしょうせいこっかせい...
骨盤の仕組み
肉離れ、筋違いと捻挫について
股関節唇損傷
変形性股関節症
仙髄神経麻痺
足関節果部脱臼骨折、コットン骨折
下腿骨の切断、足趾の切断
足関節の構造と仕組み
足の構造と仕組み
/div>
9.死亡事故

該当する情報がございません。

iv>
12.遷延性意識障害

該当する情報がございません。

財産分与について⑪ - 弁護士の井筒です。   本日は、扶養的財産分与について説明していきます。  ...2017.8.8