相続人について


相続について

2015.6.12

弁護士の井筒です。

 

相続は、人が亡くなった場合、その死亡と同時に始まります。相続人が、その人の死亡を知っているかどうかは関係ありません。

そのため、先に死亡を知った相続人が、亡くなった人の財産を勝手に使い込むなどして、後々トラブルになり、他の相続人からご相談を受けるということがよくあります。

 

そこで、まずは、どういう人が相続人になるのか、についてご説明致します。

 

①     配偶者

配偶者は常に相続人となります。

離婚している場合や、内縁者は相続人とはなりません。

 

②     子

子も配偶者とともに相続人となります。

先妻との子や、未婚のまま生れた子(非嫡出子といいます。)、養子も相続人となります。

胎児も、法律上は既に生れたものとみなされるので(民法886条1項)、相続人となります。なお、胎児が死体で生まれたときは、相続人とはなりません(民法886条2項)。

また、配偶者の連れ子は法律上の子ではないので、養子縁組をしていない限り、相続人とはなりません。

子が既に亡くなっている場合は、そのまた子供、つまり孫が相続人となります。このことを、代襲相続といいます。

 

③     親

子がいない場合は、配偶者と親が相続人となります。

 

④     兄弟姉妹

子も親もいない場合は、配偶者と兄弟姉妹が相続人となります。

 

前記のように、配偶者は常に相続人となるので、①を除いた相続人の順位は、②→④となっています。

上の順位の者がいるときは、下の順位の者に相続権はありません。

この順位は、配偶者がいない場合でも同じです。

 

相続の手続は、以上のルールにしたがって、相続人を確定するところから始まります。

>>相続についての全記事に戻る

財産分与について⑪ - 弁護士の井筒です。   本日は、扶養的財産分与について説明していきます。  ...2017.8.8