顧問契約のお悩みについて


顧問弁護士は、顧問契約を締結いただいた企業の法律問題について、機動的及び継続的に法律相談に応じるほか、必要に応じて事件解決にあたります。現在、法律の仕組みも多様化しており、企業が法律による解決を迫られる場面が増加してきていることから、これに対応すべく顧問弁護士をおいている企業が増えてきています。

顧問弁護士を置くメリット

弁護士からの定期連絡
当法律事務所で顧問契約を締結いただくと、弁護士から、最低月1度の電話連絡をさせていただき、会社の状況を把握します。
素早い対応ができる
顧問弁護士は、顧問先の事業を把握していますので、迅速な対応が可能です。
携帯電話やメール、FAXでも相談できる
携帯電話やメール、FAXでもご相談いただける上、相談回数にも制限がありませんので、何時でも気軽にかつ機動的にご相談いただけます。
社会的信用がアップする
顧問弁護士の存在が企業のイメージアップにつながります。
また、顧問弁護士がいることで取引先に適当な取引はできないと思わせることもでき、トラブルの予防にも役立ちます。
事件受任時の弁護士費用の減額
法律顧問契約を締結頂いた場合、訴訟事件等により代理する際に、費用を当法律事務所報酬基準より20パーセント程度、減額してお受けします。
従業員の個人的問題も無料にてご相談を承ります。
従業員の方の法律問題(相続,離婚,不動産,事故等)も相談でき,従業員の福利厚生にも役立ちます。
顧問料
個人事業者 月額2万5000円~
法人 月額3万円~

まずは、無料相談にてご相談ください。

顧問弁護士相談専用サイトへ
特別受益について - 弁護士の井筒です。   相続財産は、複数の相続人間で常に平等に相続しなければならな...2017.3.24