解決事例・裁判や事件の実績


実際にあった事例で解決のイメージを

当事務所では、様々なトラブルについて毎日ご相談を頂いています。
具体的な事例が、解決に至った経緯をここでは紹介致します。実際の事例から、少しでも解決のイメージが伝わればと思います。

なお、事例内に登場する関係者等はすべて架空のものです。

CASE1 交通事故のお悩み
堺市堺区在住 Aさんからのご相談
保険会社から後遺障害が残存したとして、示談金700万円の提案を受けたが、この金額で示談してよいか、わからない。
弁護士が代理として交渉したことにより、慰謝料や逸失利益を中心とした損害項目の賠償金を増額させ、結果1200万円で示談することにより、早期解決。
CASE2 離婚のお悩み
堺市東区在住 Oさんからのご相談
会社代表者である夫に離婚原因があるのに、離婚に応じてくれないので、どうしたらよいか。専業主婦だったので、今後の生活も不安である。
夫の離婚原因を複数主張として用意し、その主張の裏付けとなる証拠も弁護士と共同して準備したうえで、夫と離婚の交渉を開始した。交渉を重ねる中で、離婚原因を認めさせ、財産の開示も行わせた。慰謝料や財産分与等も離婚条件とし、公正証書を作成し、無事に離婚ができ、解決。今後の生活に不安がないような金額を受領し、今は安心して生活している。
CASE3 相続のお悩み
堺市南区在住 Mさんからのご相談
母が3年前に亡くなりました。私には法定相続分があるのに、兄が遺産分割協議に一切応じてくれないので、どうしたらよいか。相続人は私と兄の二人です。
弁護士が代理となり、遺産分割協議の申し入れの書面を兄に送付した。書面には遺産分割協議に応じない場合は調停をするとの文言も記載した。兄から弁護士に連絡があり、遺産分割協議に応じる旨の連絡があり、遺産分割協議が開始された。兄が母の面倒を見ていたこともあり、その部分を考慮したうえで、ほぼ法定相続分どおりに遺産分割協議が成立し、早期解決が実現した。
CASE4 建物明渡のお悩み
堺市東区在住 Oさんからのご相談
賃料を滞納しているのに、賃借人が建物から出て行ってくれません。どうすればよいか。
弁護士が代理となり、内容証明を賃借人に送付するも、反応がないため裁判をすることになった。裁判では賃借人が裁判に出頭しなかったため、依頼者勝訴の判決を取得
判決が出たことを材料に弁護士が再度賃借人と交渉したところ、賃借人もやっと重い腰を上げ、建物を退去することに合意、さらに未払い賃料も分割で支払うことに合意。現在は新たな賃借人と契約し、未払い賃料も分割で支払ってもらっている。
CASE5 個人事業主の破産のお悩み
堺市堺区在住 Zさんからのご相談
事業が立ち行かなくなったので、どうしたらよいか。債権者からの支払いの催促が不安である。
弁護士が代理となり、破産の手続きを代理することにより、債権者からの催促は全て弁護士が担当することになり、依頼者は安心して今後の生活に向けた計画が立てられることになった。無事に免責になり、負債もなく再スタートを切ることができた。
CASE6 個人再生のお悩み
堺市東区在住 Eさんからのご相談
給料が減少して、キャッシングでなんとか今まで生活してきたが、返済も増えてきて、住宅ローンが払えなくなってきた。住宅は家族もいるし、手放したくない。どうすればよいか。
弁護士と相談のうえ、家計を見直し、キャッシングの返済をカットできれば、住宅ローンは支払えることが判明した。そこで、個人再生の手続きを取り、キャッシングの返済をカットし、住宅ローンはそのまま支払うことにより、住宅を守ることができた。
CASE7 交通事故のお悩み
堺市在住のIさんからのご相談
保険会社から死亡事故の示談金として、2000万円の提案を受けたが、この金額で示談してよいか、わからない
  • 死亡事故発生
  • 保険会社からの提案は約2000万円であった。
  • 示談交渉するも金額が合わないため、訴訟提起
  • 相続人らの生活状況を丁寧に立証して、慰謝料と逸失利益の増額に成功
  • 4050万円でこちらの主張通りの和解成立
解決までの期間→約9ヶ月
CASE8 建物明渡及び賃料回収のお悩み
東大阪市在住のUさんからのご相談
入居者が行方不明になったため、建物から退去してもらい、未払賃料を回収したいが、相手と連絡を取ることもできないため、どうしたらよいかわからない
  • 賃料不払いによる建物の明渡
  • 相手方と連絡が取れないので、相手方の現住所を特定して、すぐに訴訟提起
  • 勝訴判決により、相手方と連絡が取ることができ、任意で退去をした。ここまでは約3ヶ月程度
  • その後、約120万円の賃料を滞納していたため、粘り強く交渉し、約2年かけて滞納賃料を全額回収
CASE9 売掛金回収のお悩み
大阪市在住のHさんからのご相談
未回収の売掛金を相手方が払うといつも言っているが、一向に払う様子がないので、何とか回収したい
約40万円程度の売掛金であったが、訴訟提起し、判決を得て、相手方取引先に対して、強制執行を申し立てた。 その後、相手方から売掛金を支払う旨の連絡があり、無事に売掛金を回収した。
CASE10 交通事故のお悩み
大阪市在住のOさんからのご相談
交通事故後、当初相手方は、自らに過失はないとの主張をし、その後、一部の過失を認めたものの全ての過失を認めないので、どうしたらよいか、わからない
  • 交通事故発生
  • 交渉により過失割合が当方側20、相手側80のところまで話が詰まったが、依頼者は自らの過失はないとの主張で、訴訟提起を決意。
  • 裁判での和解も行われたが、折り合いがつかず、尋問を経て判決へ
  • 事故状況の立証と相手方の主張の矛盾を指摘していたため、判決は当方側に過失なしの判決
  • 当方側の納得する内容(既払いの治療費や休業損害と別に300万円の賠償金を取得)での解決となった。
CASE11 暴行を受けた後の損害賠償請求のお悩み
兵庫県在住のHさんからのご相談
知り合いとトラブルになり、暴行を受け、怪我をしたが、相手方が賠償してくれないが、どうしたらよいか。
  • 交渉をしたが、納得のいく金額を払ってくれないので、仕方なく訴訟を提起した。
  • 相手方は、依頼者の過失を主張してきたが、受け入れられず、当方側の後遺障害の部分も賠償に含めたうえ、一括で支払ってもらうことで、裁判上での和解が成立。
  • 和解成立後、相手方は330万円を一括で支払ってきた。
無料相談申込みはこちらから
財産分与について⑪ - 弁護士の井筒です。   本日は、扶養的財産分与について説明していきます。  ...2017.8.8